トランス脂肪酸を含んだ食品の危険!

アメリカの食品医薬品局(FDA)は、食べ過ぎると心筋梗塞などにかかってしまう危険性が高いということで、トランス脂肪酸は「安全な食品ではない」として、食品に用いることを原則禁止という規制案を提示されました。
約2カ月間の審議をおこなって、今後厳しい取り締まりが行われる予定です。

 

トランス脂肪酸が含まれる食品は以下です。

 

トランス脂肪酸含有量の多い傾向にある食品
  • マーガリン
  • お菓子(ショートニングが含んでいるもの)
  • 安いファストフード食品
  • 食パンや菓子パン
  • アイスクリーム

これらが多く含まれるが、他にもあるのです。。

 

トランス脂肪酸をこのまま取り続けると、健康被害に重大な問題を起こす可能性が高く、規制をすれば、年間2万人の心筋梗塞患者の発生を防ぐことができるし、心臓疾患による死者数も7000人も減らせるとアメリカでは言われているようです。

 

今のところ、日本では何も規制がなく、トランス脂肪酸はマーガリンなどに含まれていて、アメリカでは2006年にトランス脂肪酸の使用表示が義務付けられているが、日本ではまだないので、せめて表示だけでも急いでほしいと思います。

 

注意しましょうね。 

マーガリンはやめよう!トランス脂肪酸が危険な理由関連ページ

脂肪燃焼効果!やせやすくなるホルモン
脂肪燃焼効果!やせやすくなるホルモン
牛肉食べても太らない?和牛より輸入牛のがカロリーが低い!
牛肉食べても太らない?和牛より輸入牛のがカロリーが低い!
カロリー制限で寿命が変化!和牛食は短命?
カロリー制限で寿命が変わるのか?!和牛を食べていると早死に?それとも・・?
低カリウムレタスが開発!腎臓弱くてもお肉と一緒に!
腎臓の機能が弱い人はカリウムの多いレタスは食べられないので、結果野菜不足になりがち・・でも、これなら大丈夫♪お肉をレタスで巻いてたっぷりいただこう。