脂肪燃焼効果!やせやすくなるホルモン

年に1回は健康診断、みなさんはちゃんと受けていますか?
会社で受けたり、市の検査だったりしますよね?
結果が「中性脂肪が高い」なんて出るとショックですが、普段から中性脂肪を低くする効果のある食品をいただけば安心できますよ!

 

中性脂肪って生きていくのに適度に必要なエネルギー源なのだが、貯めこみすぎは要注意・・。中性脂肪値が上がるうと、なかなか分解できません。

 

中性脂肪は、善玉コレステロールを減らし、悪玉コレステロールを増やしていきます。血管にコレステロールがたまり、血液がどろどろになり合併症の心配も出てきます。

 

脂肪はどれだけとったらいいの?みんなはどれだけとってるの?

1日に必要な脂肪摂取量・・・約50g

 

約40%の人の1日の平均摂取量は?・・・約80g以上の脂肪を摂取

ほとんどの人が、このくらいなら余分に食べても私もいいかな、って思ってつい食べちゃう人が多いんですね。
しかし、高くなってしまった中性脂肪はなかなか落ちませんから早めに、高脂血症から抜け出しましょう!

 

中性脂肪を放置すると、重大な病気になる可能性あるので、早い段階で減らす努力をしましょう。
因みに、中性脂肪になる原因としてお肉の食べ過ぎで発症することはありません

 

原因として悪いものは、お酒の取り過ぎや砂糖・糖分の多いもの、脂っこいものです。

 

高脂血症の人が極力控えたい食品は?

 

砂糖、アルコール、果物(糖分の多いもの)

 

中性脂肪に効果ある食品

 

魚介類 :イワシやサバなど青魚
EPAやDHAが肝臓での中性脂肪の合成を抑え、血中の中性脂肪を減らす。

 

リンゴ:リンゴは血液中の中性脂肪を減らす効果あり。

結構身近なものが中性脂肪に効果がありますね!普段から意識して食べているだけで、調整できるならいいですよね!

中性脂肪や高脂血症になると・・

中性脂肪(TG)値が高いと、脂質異常症といことになります。重大になると病気の進行として、脂質異常症(以前の、高脂血症と判断され)、その後、動脈硬化、動脈硬化が引き起こす脳卒中など怖い結果を引き起こす原因になります。

 

特に、自覚症状がないまま状態が悪化することが多いので普段から注意するべきです。
動脈硬化や心筋梗塞、狭心症、脳梗塞などの病気を引き起す危険性が大きいので、あとになってからでは、もう遅かった、ということがあります。

 

また、普段から食生活に注意しているのに、中性脂肪が高い、とかコレステロール値が高いとか脂肪肝とか判断された場合は次のことが、原因と考えられます。

 

食生活がちゃんとしているのに中脂肪はあがる原因は?

  • 親の遺伝による中性脂肪の高まり
  • 手術の経験があり、癒着がみられる
  • 運動不足
  • 便秘症

この条件で中性脂肪などがあがった人は、すべて血流不足が原因です。普段から血液がサラサラになる努力をしていきましょう。
VCOサプリメント
簡単にサプリを飲んで対策するのも一つの手です。天然の食品からが一番効果的ですが、なかなか毎日手軽にはいかないので、サプリで補うのも良いでしょう!

脂肪燃焼効果!やせやすくなるホルモン関連ページ

牛肉食べても太らない?和牛より輸入牛のがカロリーが低い!
牛肉食べても太らない?和牛より輸入牛のがカロリーが低い!
マーガリンはやめよう!トランス脂肪酸が危険な理由
マーガリンはやめよう!トランス脂肪酸が危険な理由って知っていますか?アメリカでは健康を害すということで食べられなくなりました。
カロリー制限で寿命が変化!和牛食は短命?
カロリー制限で寿命が変わるのか?!和牛を食べていると早死に?それとも・・?
低カリウムレタスが開発!腎臓弱くてもお肉と一緒に!
腎臓の機能が弱い人はカリウムの多いレタスは食べられないので、結果野菜不足になりがち・・でも、これなら大丈夫♪お肉をレタスで巻いてたっぷりいただこう。